BLOG

ママにお届けする
マミーベルブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. マタニティケア
  4. 安産のための7つのおすすめリラックス法

安産のための7つのおすすめリラックス法

お産がスムーズになるためには、リラックスする事が大事ですよ〜ということについて前回お伝えしました。

でも、いざ陣痛が始まった時に、リラックスしようしようと思っても、なかなかできないものですよね。

出産本番でリラックスするためには、妊娠中からリラックスする習慣をつけておくことがとても大切になります。

今回は妊娠中、そして分娩時にリラックスする方法についてのアイデアを7つご紹介いたしますね^^

基本的には、自分に合ったもの、好きなもの、心地よいと感じるものが一番です。

①アロマ
アロマは直接脳に働きかけて、神経を落ち着かせてくれます。
自分が心地よいと感じるアロマを、芳香浴などで普段からいくつか使いながらリラックスしておくとよいでしょう。
いざ陣痛が始まってパニックになっても、香りを嗅ぐ事で脳がすぐに記憶を呼び戻して平常心を取り戻す事ができます。
分娩時には、ティッシュハンカチに数滴垂らして枕元に置いておくと芳香浴ができます。
アロマの香りはその時その時で好みも変わりますので、できれば何種類か用意しておくとよいでしょう。
妊婦さんに禁忌とされるアロマもありますので、使用する場合にはセラピストや医師にご相談ください。
つわりやアロマの香りが苦手と感じる場合は使用を止めるようにしましょう。

②マタニティアロマトリートメント
カラダも心も解きほぐしてくれるアロマトリートメントは、リラックスするためには最適です。
肌へのタッチングはすぐに眠りを誘うほどにリラックスできます。
定期的に受ける事で、心身を整えると共に、体にリラックスを覚えさせる事ができます。
ストレスや疲れが溜まって、ずっと体がガチガチだと、なかなか力を抜くのが難しいものです。
心も筋肉も緩めて、お産に備えましょう。
前回お話ししましたが、許される環境であれば分娩中のアロマトリートメントもお産をサポートするので、おすすめですよ^^♡
産後の早い回復のためにも、マタニティアロマトリートメントはおすすめです。

③ハーブティー
妊娠中は、コーヒーや紅茶、アルコールなど、飲み物にも制限がありますが、これを機にハーブティーを楽しむのも良いかもしれません。
ホッと一息つくことが出来ますし、妊娠してからハーブティーを美味しく感じるようになる方もいらっしゃいます。
リラックス効果だけでなく、葉酸ビタミンCを含むものや、後期には子宮骨盤周りの筋肉を調整する、便秘改善を助ける、産後の授乳のために備えるハーブなど、妊娠・出産・産後をサポートするハーブも沢山あります。
マミーベルでお出ししているハーブティーも妊婦さんにとても好評です。
ハーブも妊娠中に禁忌のものがありますので、専門の方に確認してから取り入れるようにして下さい。
妊婦さん向けのブレンドハーブティーは迷わず飲むことができるのでオススメです^^
夜のリラックスタイムにいかがですか♡

④マタニティヨガ
ヨガは自分のカラダの声に耳を澄ませ、心を落ち着かせてくれます。
ゆっくりと呼吸することを意識できるので、酸素もよく取り入れて赤ちゃんの健康増進にも良いとされます。
深く息を吐くという腹式呼吸の練習は、前回もお話した通り、お産が進みやすくなるために役立ちます。
また瞑想しながら赤ちゃんと向き合う時間にもなり、陣痛時にも呼吸をしながら赤ちゃんと向き合うことを思い出させてくれます。
そして妊娠中緊張しやすい筋肉を緩め、コリ冷えなどの解消を助けてくれます。
お産に備えたしなやかな体づくりにヨガはオススメです。

⑤音楽
心地よい音楽は神経を落ち着かせ、精神を安定させてくれます。
ソフロロジー法でも音楽療法は取り入れられますね。
今はスマホで簡単に音楽が聴ける時代ですので、とても簡単に取り入れやすいですよね^^
クラシックでもヒーリングでも、胎教に良い音楽でもいいですが、ポップスが好きな方はポップスでも、自分がリラックスできる好きな音楽を聴くのが一番です。
ストレスがある時も、ぜひお好きな音楽を聴いてリラックスしてみて下さい♪

⑥母親学級
リラックスに母親学級??と思われたかと思います。
これは、分娩の知識を持っているか、知識が無いかで、陣痛の際に冷静にでいられるか、パニックに陥ってしまうかが変わってくるということです。
実際のお産の時に、今赤ちゃんがどうなっているのか、この陣痛はどの段階のものなのか、というのがしっかり頭に入っていれば、論理的に考えて少し冷静になる事ができます。
一度経験すると、2回目からの出産は分かっているので少し冷静になれますよね。
妊娠中に母親学級に参加して助産師さんから分からないことをしっかりと聞いておくことをオススメします。
もちろんお産は予定通り教科書通りにはいきませんが、それも含めての知識として、助産師さんからのお話はリラックスした出産への備えの一つになるでしょう。

⑦安心できる人
実はこれが一番かもしれません。信頼できる人が近くにいることでどれだけ安心できることでしょうか。
今は特別な場合を除いては、立ち会い出産が当たり前の時代です。我が家も偶然にも4人とも夫が立ち会うことが出来ました。
母親に付き添ってもらうことで安心できるというのもありますよね。マッサージは夫よりも義理の母の方が上手だったのを覚えています。笑
前回のお話のように、それが我が子ということもあるかもしれません。
そして何と言っても信頼できる天使のような助産師さん
声かけ、マッサージ、助産師さんのケアの一つ一つに「天使だ〜〜!」と、感動したものです。
産院選びの一つとして、助産師さんを基準にしても良いかもしれません。笑
3件の産婦人科で出産して、どの助産師さんも天使でしたが、最後の産婦人科の助産師さんは全員が素晴らしかったです!
手を握ったり、マッサージをしてもらったり、人の手は本当にリラックスできる最大の方法だと思います。

その他にも色々あると思いますが、私のオススメの7つのリラックス法をご紹介いたしました。
①〜④については、担当のお医者様からの許可を得てから行うようにしましょう。
また、情報や知識によって、これでなくてはいけない、という考えにとらわれず、「自分自身が心地よいと感じるものを選ぶ」ということを大前提に取り入れてみて下さい。


柏駅徒歩2分
妊娠中も受けられるアロマサロン
マタニティ・産後ケア専門サロン
【マミーベル MOMMY BELLE】

◇営業日:火・木・金 10:00-15:00
ご予約はこちらから
メニュー・料金
お客様の声
アクセス


 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事