STAFF

初めまして。

セラピスト紹介

自己紹介

はじめまして。マミーベルの杉本千尋です。
ホームページにお越し頂きありがとうございます。

20代の頃からアロマや癒しの世界が好きで、思い切ってセラピストに転身。
その後、国際カイロプラクターである夫と結婚をし、4人の子供を授かりました。

現在は、セラピスト+母親として、仕事を楽しみながら育児に奮闘する生活を送っています。

好きなことは、新生児を抱っこすること。
特技は、街中で妊婦さんを必ず発見すること。
(完全に職業病です。自分でも驚き。笑)

田舎出身なので、山や海など自然のある空の広い場所に行くことも大好きです。
ハーブティーやカラダにいいものをリサーチするのも大好き。
最近は健康のため、夫とウォーキングをしています。
おじいちゃんおばあちゃんになっても、夫婦でウォーキングするのが目標です。

こんな私ですが、どうぞよろしくお願いします^ ^

私がセラピストになったきっかけ

癒しの世界が好きになったのは、20代の頃にうつ病を患ったのがきっかけです。

自分も周りも、まさか??と思うくらい驚きましたし、とても辛かったのですが、私の人生の大きな経験となりました。
その時に、アロマやフラワーレメディーなど、自然療法の存在と、「癒し」というものが人には必要だということを初めて知ったように思います。

療養中には、たくさんの友人、知人が心配してくださいました。

知人の精神科医の方や、同じ経験されたことのある方がわざわざ遠方から駆けつけてくださったり、セラピーを施してくださった方、手紙や電話で励ましてくれた友人達。

その時は自分のことで精一杯の毎日でしたが、本当にたくさんの方の愛に助けられて、今は感謝の気持ちでいっぱいです。

なぜ私がこんな経験を?と思うこともありましたが、ある日、「この経験は将来他のだれかを助けるためにある」ということを感じて、意味のある事だと思い、前向きに受け入れることができました。

もう一つのきっかけは妊娠と出産です。
20代後半〜30代前半は、ほとんど妊娠・出産の繰り返しと育児の十年間でした。
4人の子の出産と、流産も経験しました。
毎回ひどい悪阻と、里帰りもできない状況で、とても大変なものでした。

セラピストの仕事をすることは頭の片隅にずっとあり、子育ての合間にも勉強を続けていました。
4人目を産み終えてから、妊娠と出産と産後に関わるセラピストになることが、自分の経験を最大限に活かせる仕事だと思いました。

タイミングと縁があり、夫の治療院の一室にマミーベルを立ち上げることになりました。

私が今までに受けてきた愛や助けを、今度は私がセラピストとして皆さんにお届けできたらと思っています。

頑張る女性のみなさんへ

マミーベルには、妊活中の方、妊娠中の方、産後の方、更年期の方、様々な状況の中で頑張っていらしゃる女性にお越しいただいています。

皆さん共通しているのは、「いつも頑張っている」ということ。

頑張らないで、と言われても、そうは言っていられないのも現実。

そんな毎日の生活の中で、1〜2時間の少しの間だけ、自分の内側に耳を傾けて、労って、身を任せて、ホッと安らげる、そんな時間を過ごしていただけたらと思っています。

ぜひマミーベルで、疲れも悩みも全部脱ぎ捨てていってくださいね。

明日から、ゆとりがあって、無理をしなくても元気にやりたい事が出来る、自分の場所で輝いていられる、なりたいママ、なりたい自分になれる、そんなお手伝いをさせていただけたらと思います。

皆さんの明日がキラキラ輝いて、笑顔で楽しく過ごせますように。

心を込めてサポートさせていただきます。